【ざっくり理解】破産・民事再生法・会社更生法ってどう違うの?

起業



ふと気になったことを解消したいと思います。破産法、民事再生法、会社更生法ってどう違うのでしょうか。

日本の法律制度には、経済活動に関する様々な法律が存在しますが、その中でも破産法、民事再生法、会社更生法は特に重要な役割を果たしています。これらの法律は、個人や法人が経済的困難に直面した場合に支援を提供するものですが、それぞれ異なる手続きや目的を持っているようです。

破産法

破産法は、個人や法人が支払い不能に陥った際にその財産を処分し、債務を清算するための法律です。破産手続きは、債務者の財産を債権者に配分することで債務の解決を図ります。これにより、債務者は負債から解放され、債権者は債務の一部を回収することができます。

民事再生法

民事再生法は、支払い不能に陥った個人や法人が再生計画のもとで債務の再編を行うための法律です。再生手続きでは、債務者は再生計画を提出し、債権者との協議のもとで債務の減額や支払い条件の変更を行います。再生計画が承認されると、債務者は再編された債務のもとで事業を継続することができます。

会社更生法

会社更生法は、経営危機に瀕した法人が再建を図るための法律です。会社更生手続きでは、法人は再生計画を提出し、債権者との協議を行います。再生計画が承認されると、法人は再建を図るための支援を受けながら事業を継続することができます。

まとめ

すごくざっくりいうと
破産→会社ごと消える
民事再生法→役員と会社は残る
会社更生法→会社は残るけど役員は消える
なので、経営陣が逮捕されていたりすると破産か会社更生法の二択となります。

これらの法律は、債務者の状況や状態に応じて異なるアプローチを提供しています。破産法は債務の清算に焦点を当てていますが、民事再生法と会社更生法は再建や再編を可能にするための手続きを提供しています。

経済活動における法的枠組みは、ビジネスや個人の安定性にとって重要です。破産法、民事再生法、会社更生法は、経済的な危機に陥った際に債務者や法人が再生や再建を図るため覚えておいて損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました